Skip to content

iPhoneXの今後の在庫の予想

iPhoneXが2017年11月に発売されました。

そして、その前の2017年9月にiPhone8も発売されております。今回は、この二つの端末を合わせるとApple社から最大の売上げとありましたが、iPhoneXだけを見ればまだまだ売上げは伸びておりません。

その理由の一つとして在庫が少ないことが上げられます。在庫は、需要と供給から出てくるのものですが需要に関しては上のようにiPhone8端末もありますのでiPhoneXだけでそこまで需要が強い状況ではありません。また、端末価格も14万円以上とかなり高額なものになりますので、今までのように誰でも購入できるようなことにはなかなかならないでしょう。

従って、供給力が弱いから在庫全体が不足の方向へいっているようです。そして、供給力は今回の端末のディスプレイで採用された有機ELが理由になります。まだ、スマートフォンサイズの有機ELのディスプレイを作れる会社は多くありません。大量生産出来るのは一社だけといえるでしょう。これが供給力不足の最大の理由になっております。今後は、iPhoneXに有機ELが採用されたことで違う会社もスマートフォンサイズの有機ELのディスプレイを作れるように開発をしております。今後は、これに伴って供給力不足も解消へ向かうでしょう。そして、需要面も新しいもの好きな人がいなくなれば通常に戻ると思いますので、そうすれば在庫問題も解決に向かう可能性が高いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *